ネクタイとは首に巻く飾り布のことで、一般的にスーツを着用した時に使用することが多くなります。この時に大切なのは全体のバランスを考えることで、コーディネートの基本です。スーツスタイルはスーツ、シャツ、そしてネクタイの組み合わせが基本となり、さらに余裕があれば靴や時計、タイピンやカフスボタンといったものでおしゃれを楽しんでいきます。ただ靴や時計といったアイテムは高額で、初心者の場合は組み合わせやすいシンプルなタイプを選ぶのが良く、少しずつ増やしていくのがおすすめです。

オフィススタイルの基本となるビジネススーツにネイビーやグレイ、ブラウンといった落ち着いた色合いのものとなり、シャツは白やサックスブルーなどが一般的です。そしてこの時に重要になるのがネクタイで、スーツやシャツに関しては無難なものを選びますが、ネクタイに関しては好みや与える印象で求めることが大切です。オフィススタイルの中でおしゃれのポイントにもなり、同時に対峙する相手に与える印象を左右するので、選び方が大切になってきます。色にはそれぞれイメージがあり、ビジネススーツに使用する場合、相手に与える印象を考えて選ぶことが重要です。

営業の場合、誠実さや信頼感といったものを与えた方が交渉が有利に進み、そういった時にはグレーの小紋模様、青のストライプやレジメンタルがおすすめになります。赤やピンクは情熱系ですが、浮ついた印象を与えるので避けた方が良いです。